根管治療

―大切な歯を抜かずに残していくために―

根管治療とは

根管治療とは

根管治療とは、むし歯が進行してしまい、神経の中まで進行してしまったった歯を抜くことなく、歯根の中をきれいにし、歯を残す治療のことを言います。歯根の中には、直径1mm以下の細い管があり、そこには神経が通っています。むし歯が神経の中まで進行してしまった場合には、その管からきれいにすることで、歯を再び元気な状態にします。歯の内部の治療であるため、「歯内療法」とも呼ばれます。

神経と歯について

神経と歯について

前項の通り、歯の中には神経が通っています。神経が存在することで、私たちは刺激を感じ取ることができ、これは身を守るためにも重要なことです。しかし、むし歯が進行して神経まで到達してしまった場合、ひどくつらい痛みに苦しむこととなります。この痛みを取り除くために、根管治療では歯から神経を取り除きます(抜髄と呼びます)。

ラバーダム

根管治療を行う際に気を付けなければならないのは、治療をしている歯に細菌が入ってしまうことです。そのため、根管治療においては、治療する歯にゴム製の膜を張るという処置を行います。それがラバーダムです。このラバーダムを使用することで、治療の成功率の上昇や再発防止などにつながります。

ひとしデンタルクリニックの根管治療

ひとしデンタルクリニックの根管治療

マイクロスコープ(実体顕微鏡)を使用する精密治療も実施しております。

初めての方でも落ち着いて過ごせる歯科医院です。 03-5816-8035