アクセスはこちら

HOME > 審美歯科

審美歯科

お口の中を美しく見せたい方へ

お口の中を美しく見せたい方へ

お口の中の銀歯気になる・・・歯の黄ばみが気になる・・・などきれいな歯並びや美しい歯の輝きが欲しいという方には審美歯科がおすすめです。
審美歯科とは、虫歯や歯周病といわれる治療を目的とした歯科治療ではなく、健康的で美しい歯をご提供する治療となっております。歯は顔の表情を魅せる上でも非常に重要なポイントとなります。
歯の表面に黄ばみがある方や、つめものをされている方など、ご自身の歯にあまり自信が持てないという方は、是非一度ご相談下さい。今までとは違った表情が創れることでしょう。

歯の被せ物

治療例1
治療前

治療前

→
治療後

治療後

患者様の症例にあった、最適な補綴物に治療していきます。

治療例2
治療前

治療前

→
治療後

治療後

臼歯(奥歯)の被せ物では、保険適応がシルバー色になります。

その他の被せ物について

オールセラミック以外にも下記のように被せ物には種類があります。
打ち合わせの中で、ご予算や患者さんのお体にあったものを選択いたします。

AGC(ガルバノンクラウン)

オールセラミック・クラウンの内側に純金を使います。それにより、メタルボンドの強度とオールセラミック・クラウンに近い審美性を併せ持ちます。純金は、 生体親和性が高い為、金属アレルギーや歯肉変色のリスクが少ないのも利点です。セラミック系クラウンの中で、一番適合に優れています。

ハイブリッドセラミック

セラミック粒子の中にプラスチック粒子が混合された素材です。純粋なセラミックに比べ、審美性にやや劣りますが、耐摩耗性があり安価であるという利点があります。

審美治療の進め方

その1 ~カウンセリング~
その1 ~カウンセリング~

歯の表面に黄バミのある方や、変色した方はその原因を考えていきます。また、どの程度白くしたいのかで今後の治療が変化しますので、必ずカウンセリングにてお伺いいたします。
さらに金属のつめものを白く変えたい方には、どういった種類(方法)があるのかご説明させていただいた後、カウンセリングします。

その2 ~診査~
その2 ~診査~

レントゲン診査や嗜好品などをお聞きして、変色や黄バミの原因を考えます。

その3 ~コンサルティング~
その3 ~コンサルティング~

ご自身の変色していない元の歯の色に合わせたり、また希歯の色の見本(シェードガイド)を見ながらご希望の歯の色を決定していきます。

その3 ~コンサルティング~
その4 ~治療~

ホワイトニングの治療 ・・・ 歯の変色や、黄バミのある方はポリッシングで汚れを取りホワイトニングで歯の中に入ってしまった色素を取り除いていきます。自宅でやるホームホワイトニン グと、クリニックでやるオフィス法があります。また、歯につめた金属を変える場合は、セラミックで取り替えると天然の歯と同じ見た目になります。

補綴の治療 ・・・歯と歯茎の隙間が、黒ずんでいるものや、クラウン(差し歯)の色調がまわりの歯と合っていないものは、やりかえることで好みの白さや、お口全体の色調を合わせることが出来ます。

その5 ~アフターケア~
その5 ~アフターケア~

・ホワイトニングについて ・・・ ホワイトニング後用の歯磨き粉で磨いて頂きます。またホワイトニングは半年~1年毎に行って頂くことをおすすめします。

補綴について ・・・ 3ヶ月~6ヶ月前に歯周病の診査や、咬み合わせのチェックすることによりクラウン(差し歯)を長持ちさせることが出来ます。

初めての方でも落ち着いて過ごせる歯科医院です。 03-5816-8035