アクセスはこちら

HOME > 入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)

義歯について

義歯について

歯を失った場合、そのままにしておくと食事など生活において困難が生じるばかりでなく、歯並びを乱し、身体の様々な病気の原因になります。 義歯は、歯を削ることはありませんが、取り外しを行い、清掃する必要があります。

入れ歯の種類

義歯には、総入れ歯(全部的義歯)と部分入れ歯(部分的義歯)があります。
総入れ歯では、保険のプラスチック(レジン)でのみ出来ている義歯と、金属(コバルトクロムやチタン)を一部使って薄く快適にした、保険外の義歯がありま す。 また部分入れ歯は義歯を支えているバネの部分(金属)が他人から見えてしまうという保険の義歯と、 人から部分入れ歯を入れていることがわからない保険外の義歯があります。

義歯治療について

義歯治療①
治療前

治療前

→
治療後(保険外)

治療後(保険外)

部分入れ歯を装着している患者さんが不快に思う事の一つに、金属のバネがあります。
部分入れ歯は、固定する為に残っている歯に金属のバネを引っ掛けるのです。
見た目が気になる方は、上の写真のように入れ歯の装着がわかりませんし、装着時の違和感も少ないのが特徴です。

義歯治療②
保険内治療

保険内治療

→
保険外治療

保険外治療

総義歯(歯が1本もない人)を装着している患者さんが不快に思う事は、「食べ物の味を感じ辛い」、「入れ歯が大きくて気持ち悪い」、が多いようです。金属 床(コバルトクロム、チタンを使用)にすると、入れ歯の厚みも薄く、熱伝導(冷たい・熱いの伝わり)も良く、噛む力も増し美味しい食事がより可能になります。

義歯治療の進め方

その1 ~カウンセリング~
その1 ~カウンセリング~

ご来院いただき、歯についてのお悩み、治療についてのご希望をお聞きします。

その2 ~診査~
その2 ~診査~

ご希望を伺った上で、治療計画を組み立てるための診査を行います。レントゲンや歯型の模型を採ったり、CTで診断を行います。

その3 ~コンサルティング~
その3 ~コンサルティング~

治療計画(治療方法のメリット、デメリット、期間、費用等)について、より詳しく説明いたします。

その4 ~治療~
その4 ~治療~
  • 4. 診査
  • 5. 印象(型とり)
  • 6. 咬合採得(高さを決めます)
  • 7. ゴシックアーチ(左右、前後の位置を決めます)
  • 8. 試適(個人の顔の形や希望にそって入れ歯の歯の形を決めます)
  • 9. 完成
の順で行います。また、総入れ歯の種類によっては完成後、もう1度お預かりして、より違和感の少ないゴム製の入れ歯をつくることもあります。
その10 ~アフターケア~
その10 ~アフターケア~

3ヶ月~6ヶ月の頻度で、来院していただき、入れ歯の噛み合せや適合の具合、 入れ歯を支えている歯の状態をチェックします。

初めての方でも落ち着いて過ごせる歯科医院です。 03-5816-8035