アクセスはこちら

ブログ

2016年9月10日 土曜日

プラークコントロール①

上野の歯医者、ひとしデンタルクリニックです。

今回から数回にわたって、プラークコントロールの大切さについてお話していきます。

Q1、そもそも「プラーク」ってな~に?

A1、歯肉の腫れはプラークの毒素が原因といわれています。
   プラークとは、歯の表面に見られる付着物のことで、
   以前から「歯垢(しこう)」、「歯苔(したい)」と呼ばれていました。
   しかし、その後の研究でプラークは歯の汚れや垢というより、
   細菌がパックされたものであることがわかりました。
   つまり、プラークはむし歯や歯周病の原因となる「細菌の塊」なのです。

   プラーク1mgあたりに10億個の細菌が存在するといわれています。
   つまようじの先についたプラークには、
   おそらく数百億個の細菌がくっついていることになります。
   
   プラークとともに「バイオフィルム」という言葉もよく出てきます。
   バイオフィルムとは、ヌルヌルした気質(菌体外多糖と粘液層)
   と水のあるところに形成されます。
   身近な例として、台所の「ぬめり」があげられ、
   バイオフィルムは口の中でも形成されるのです。
   広い意味では、プラークと同じものになりますが、
   違う点は 「バイオフィルムは細菌同士が情報を
   伝達しあいながら生きている」という点です。

   バイオフィルム内の細菌は、菌体外多糖で保護されているため、
   貪食細胞や抗体、抗菌薬などに対して抵抗性を示します。
   よって機械的な(歯科医院で行う)プラークコントロールが重要となります。
   歯科の領域では、デンタルプラークの他、
   デンチャープラーク(入れ歯についている)、舌苔などもあります。

次のブログは、プラークの危険性についてです。

   
   


投稿者 ひとしデンタルクリニック

初めての方でも落ち着いて過ごせる歯科医院です。 03-5816-8035